フリーランス食堂に参加したざんす。

小ヤリの上で飢えて居た

私は傭兵。竜兵ではない。(上島)
イベント主催者公認レポーターのふりをして此の催しに潜り込み、あること無いこと無駄に書きまくりまくる某結社から送り込まれたスパイである。
今回はあの時間あの空間於いて私が見た一部始終、お米の一粒、苺のゴマ一粒に至るまで克明にレポートしていきたいと思う。
レポートを書くことを対価としてフリーランス食堂の出入りを許された、体はメタボ、頭脳は乙女。名探偵NoPinChanが月に代わってレポートよ!


フリーランス食堂キャラの未公認しんぶんしフィギュア

フリーランス食堂キャラの未公認しんぶんしフィギュア

上記の写真を見てもお分かり頂けるように、今回のレポート執筆にあたり私は掲載した模型を用意した。
フリーランス食堂のロゴに描かれたキャラクターの模型である。

素材は新聞紙と水のみ。糊などの混ぜものは一切使用していない。
散り散りになった新聞紙(フリーランス)が、水(料理)を介し密着し、一つの空間をつくりだすというイベントの趣旨を体現した新聞紙フィギュアだ。
他に説明は要らないと思う。とくと見よ!!
(しつこいくらいに載せましたm(_ _)m)

前方斜め45度から撮影

前方斜め45度から撮影

正面から撮影

正面から撮影

後方から撮影

後方から撮影

顔アップ

顔アップ

手はミトン!

手はミトン!

ヤリはダイコン!

ヤリはダイコン!

おわり


と、ここで終わったら潔いものを、ダラダラ続ける冗長さが当ページのウリと言えばウリなので、続けさせて頂きますm(_ _)m

フリーランス食堂とは。
主催は、時間と約束を守る、清く正しいコピーライター事務所。Rockakuさん
場所は、人形町と日本橋の間にあるCo-Net(バッタ☆ネイション)さん
上の写真見ても意味分かんないってんなら、イベント趣旨はフリーランス食堂vol.01 : ATND「フリーランス食堂」について / TEXT / Rockaku(ろっかく) – 時間と約束を守る、清く正しいコピーライター事務所。を読みやがれってんだ!(ヤケッパチ)
そして、フリーランス食堂さん公式アカウント
そしてそして、Co-Netさん公式アカウント
それらの公式関連資料をお読み下さい。(冷静に)


話戻って本編

2010年3月5日午後6時、とある雑居ビル8階へ赴いた私はエレベーターから降りた瞬間おののいた。
受付やキッチンカウンター、スクリーンにプロジェクターなどなど、こんなにもステキイベントっぽい会場であらせられるとは!!(誤解の無いように申し上げますと、いつもイベントが行われるRockakuさんの事務所も色んな意味でステキです)

私が緊張の面持ちで右手と右足を一緒に振り出しながら中へ入るとすぐ受付があり、見たこともない若い娘さんたち二人がお出迎えしてくだすった。
この方たちが今回独自に開発されたフリーランス食堂用のお手伝いロボット!!
その精巧な作りに感服しつつも私は、彼女たちの若いエナジーを吸いとろう試みますが、セーラー戦士に阻まれ断念無念。
入って左手のバーカウンターにはカウンターパンチを狙うRockaku森田料理長が、お腹を空かせたフリーランスちゃんたちの為に食堂の準備をしております。
会場奥のスクリーンにはtwitterの呟きとともに、この会場への地図が投影されております。
それは、現世を彷徨っている霊体が居たら誘導してあげて!
もしくは、道に迷ってる人がタイムライン上に居たら、誘導してあげて!的なメッセージなのでした。(やさしさ!)

私がバッタ☆ネイションのウラ通貨(ではないと思う)の4.6カマドウマ(720.59バーツ相当:2010年3月12日午前4時38分現在)と心ばかりの愛を受付の乙女たちに支払うと、ほんわか女子大生さんに50mm幅の透明ポリプロピレンテープを笑顔で手渡されました。
「これで口でも塞いどけ!」という無言のメッセージです。
夜11時までの長丁場、息を止める自信が無いことを正直に打ち明けるとほんわか女子大生さんは「それならtwitter IDでも書いときなさいよ!」と、ほんわか教えてくれたので言われた通りに書き、己の身体に貼り付けました。

会場の奥へと進みます。
奧の席には既に、初期エグザイル並の人数が歓談なさって居りました。
そして一番奥、スクリーン前のテーブルには知ってるお方が居るではありませんか。
2月末に行われたギョーザ大戦にて一戦を交えた、遠くで見るとメーテルだけどクリックすると厳密にはメーテルじゃないさんが、機械の身体になりたいと願う子どもたちをその毒牙にかけようと、MacBook proにて算段を立てて居られます。
私はその計略を暴こうと立ち向かいかけますが、メーテルマツゲの先端が危なっかしいくらいに集中してらっしゃる様なので隣のテーブルへと座ります。

そのテーブルには昇りエレベーターでご一緒した男性が居られました。
「苦しゅうない。そなた、何のフリーランスか申してみよ」
と、日本古来の質問形式にて丁寧にお聞きすると「音楽系です」と、イシカワさんが教えて下さいました。
web系ばかりかと思って居たのに、いきなり音楽人!

すると、メーテルがアンドロメダとの通信を終えたらしく顔を上げました。
「この間、餃子でお会いしましたね!」と話しかけると、
「この星は餃子の食べ過ぎで滅びた星よ、鉄郎」と、誰かと間違えていらっしゃったので、スネ夫声の車掌さんを投げつけると正気を取り戻してくださり、webディレクターで手品師でサクサカーの高瀬さんを紹介してくれました。


会場には次第に人が集まって参ります。
webフリーランスの前田さん映像フリーランスのオクムラさん、長年フリーランスでお絵かき屋さんで学校の先生もやってらっしゃるまつばらさんなどなどテーブルがいろんなジャンルの人でごった返します。
私は至る所でメモを取って居たのでその行動が怪しまれましたが、実はメモを取るふりをして一人で○×ゲームをし、その勝敗に一喜一憂していただけです!

そして、ほんわか女子大生さんによって配給された麦茶を戴きます。
ミネラール麦茶♪烏龍茶♪煎茶!こと、徹子の部屋と部屋の合間にやっていたコマーシャルでお馴染みの、ライオンに嚙まれたあの人がやっていたコマーシャルでお馴染みの、あの麦茶です!(ミネラル麦茶かどうかは不明)
懐かしくて香ばしい麦茶の香りが口いっぱいに広がり、蝉の声でいっぱいの夏の世界に私たちをいざないます。
あの夏の夜、海岸に無意味にいっぱい穴を掘ったよねー。なんて、見えないお友達と昔話に花を咲かせていると、漫画家の杉本ふぁりなさんも御着物で登場なされました。iphoneが壊れた〜!とお嘆きでありました。
iphoneのアイコンや何から何まで大きくなっちゃって、動きももっさり。全てがiPadサイズ。時代先取り過ぎ!

会場ではヘルメット界騒然!メット界の革命児、カクメットさんが大フィーバーで御座います。
至る所にカクメットを被ったカクメイトたちが、バーチャファイター1よろしくポリゴンチックに、叩いて被ってジャンケンポンをしています。いや、していません。が、フィーバーはしてます。
皆カクメットを被りたくて被りたくてウズウズウズウズウズウズし、ついにはそれが爆発して我先にとカクメットを奪い合います。
人山の頂点に立った王者がカクメットを天高く掲げ、勝利の雄叫びをあげました。
その瞬間に人山が崩れ落ち、王者が頭から落っこちます。
でも安心!頭にはカクメットを被っていたからね!!
的なを、書いてしまうくらい会場はカクメットフィーバーでありました。
若かかりし時、交通誘導のアルバイトで毎日丸メットをかぶっていた私といたしましても注目せずには居られない、独特のフォルムと機能性を兼ね備えたカクメットで御座います。

着物姿でカクメットを被ったふぁりなさんの撮影会も執り行われました。けれど、おかしなiphoneカメラで撮影したので超ボケボケ画像。
しかしながらその画像は、一部のふぁりなマニアの間では高値で取引されているそうです。


フリ食、フリ喰い

いよいよ、フリーランス食堂の料理が振る舞われはじめます!
Rockaku森田料理長にて直々に供養された豚汁が、各テーブルに運び込まれます。
フリーランスの方々はそれぞれ、思い思いの豚ちゃんを思い浮かべながらもんぐもんぐもんぐもんぐ。
頭の中の豚ちゃんが笑顔で天に召されていく姿を思い浮かべながら豚汁を戴きます。
くるんとした尻尾がフリフリ揺れて、さよならの合図をしてました。

私の従兄弟のご近所さん、藤沢市に在住のマッドカップさんこと太田TAMATAMAさんもいらしてましたよ。
ふぁりな嬢は、TAMATAMAさんのスカートをしきりに心配をしておられました。

そして、続々と料理登場!
もはやRockaku食堂の代名詞的な役割を担う(と、勝手に思って居る)豚の角煮は今回も大人気!!
サラダや、ドイツから直輸入したかどうかは知らないウィンナーソーセージももぐもぐ。

ご飯は炊飯器炊ききれないから、お鍋で炊いたそう!
ご飯は全長6mmに揃えられた、新潟魚沼産コシヒカリ!!(ウソです、何処産の何米かは知りませんm(_ _)m)

さらに!瞬く星々の様にオクラを散りばめたカタ焼きそば!
味の織り姫と彦星やぁー、と誰かが言ってたかどうかは知りませんm(_ _)m

しきりにお互いの木製iphoneカバーを見比べている男性陣。
何をしているのかと尋ねると、樹齢を競い合ってるそうです。(ウソですm(_ _)m、木製カバー仲間だそうです)

会場でアルコホール類も販売されていることを知りビアーを買いに出向きますと、2月末に行われた『餃子はギョウ子ちゃんて呼ぼうの会〜やさしい皮につつまれて編〜』でお会いしたシス開さんこと胸板大野さんさんが居りました。
今回はメガネ掛けてましたので、見逃す所で御座いました。メガネ胸板でした。メガムナです。

長針と短針が同じくらいの長さな壁掛け時計に乗ったバッタが囁いてくれた所によると、時間は午後7時半。
スクリーン前で、主催のRockaku森田さんから開堂の挨拶です。
フリーランス食堂のロゴキャラクターを魂削って描いた池田さんを紹介したり、
カクメットを被りつつ、背中に写真を貼りつつ、会場の写真を撮りまくってる今イベント公式カメラマンの中村さんの紹介、
2月末に行われた『餃子がチャオズって言えるのってドラゴンボールのお陰だよね感謝祭』でお会いした、フリーランス食堂サイト制作予定のwebディレクターことmamelaboさんも紹介しつつ、ここからいよいよフリーランス食堂の本番開始的な雰囲気が伝わって参ります。

そして、このイベント会場となったCo-Net by battanationの管理人イワサワさんの挨拶。
衝撃の事実発表。このイベント会場、これが普段はオフィスなんですってよ!という驚き!
ご兄弟で、普段はインテリア等のお仕事をなさってるのだそうです!
Co-Netさんのポートフォリオファイル企画も発表。
ポートフォリオを自分でこしらえて、自力でここに来、自らの手でそのファイルをここにある棚に置いた人だけが参加できるナイス企画。
これにはとてもそそられました!
でも、それでお金を稼いでる人だってさ!ガックシ!!
後で聞いたら、何らかの対価を貰っていたら説明次第で応相談かもかもかもかも的なことを仰ってたようなので、私、愛を貰ってます!!(思い込み含む)
一応ファイルは戴いておきました。
ふぁりな嬢のエロもOKかという質問に盛り上がりつつ、一連の開堂挨拶終了です!


麦茶が飲みたくて飲みたくて仕方がない焦燥に苛まれ、私が麦茶を汲みにアリアハンの街から出て行きますと、私史上見たことのない巨大なやかんが現れた。
全長60cmはあろうかという巨大やかん。
これは、4以降に出てくるやつじゃないか!!という突っ込みは置いておいて、
やかんの「かん」は分かるけれども「や」ってなんだろう?と思わずには居られないかどうかはわからない銀色のドデカいやつです。

そんな巨大かつ麦茶がいっぱい入った重たいやかんをです!
か細いほんわか女子大生が一生懸命両手で持ち、私のコップに麦茶を注いでくれるのです!
なんという計算され尽くされたサービスなのでしょうか!
未だかつて、こんなサービスがあったでしょうか!
私はおののき、手伝いましょうか?という言葉をぐっと堪え、涙を流しながら有り難く麦茶を頂戴いたしました。

私が階段の端に白い息を吸っては吐きにゆくと、フォローすると公言しておきながら一向にフォローしない魔性の乙女こと、フリ食スタッフのinfinitysu13さん改めSPACETAKEDAさんが居られました。
そして、私のコップからは麦茶が漏れておりました。(コップをペコペコして遊んではいけません)
色々と思うところあって、スタッフとして参加したと仰ってました。
そして、ソフトバンクの社食で食べる何かが当たったそうです。DoCoMoユーザーなのに!!
ソフトバンクの社食はソファーとかあって、なにやら凄いらしいです。

そこに、iphone電波を探しに来た迷い人がやって参りました。
丁度タイムリーな話題をしていた所だったので、色んな意味で「電波がねェ〜」的な話を致しました。
そして、元infinitysu13さんはスタッフのお仕事へ戻って行かれました。
(私もDMでスタッフだ的な事を言われた気がするのですが、手伝わなくていいんだろうか?と思いつつ、意味不明レポートスタッフ扱いなのか、人手足りてるのかな?思って悩み、自問自答し、眠れない夜を重ね、そしてほんのり頬を赤らめて、そのまま忘れて仕舞いましたm(_ _)m)

会場に戻るとhARaジャパン新海さんがボーダーを着て来て居られました。hARaジャパンなのに服着てました。hARaジャパンなのに!!hARaジャパンなのにぃいいい!!!
(hARaジャパンの新海さんという認識が正しいかどうかは置いておいて)
2月末に行われた『餃子をつつき合いながら餃子とちちくり合う会』でご一緒した、アイコン詐欺ことnakamePさんや名刺がコースター紙な紙ラボ!野口さん、ラジオさんことyoshiokaさんもいらしてましたよ。

初心を取り戻そうと最初の席へ引き返すと、翻訳や通訳フリーランスの中村さんやこれからフリーランスになりたいと思ってらっしゃる女性(twitter IDとかわかんねm(_ _)m)の方々とお話をさせて頂きました。
通訳の方はpodcastとかyoutubeのチャンネルを持ってらっしゃりネット界でもご活躍の模様です。
英語を絡めたフリーランスの話題とかもやるとか仰ってたので「フリーランス食堂のwebと絡めそうな話ですねー」とかテキトーなことを言ってしまいましたm(_ _)m
青色とか白色とか年金の話とか、結婚した方得とかいう話題が御座いました。

時が経ち、こういう記事ってリポートなのかレポートか、どっちなのかという疑問を英語に詳しい人にお聞きすれば良かったなぁ(今も分からず)と後悔しながら宙を見つめ、私が宇宙と意識を一体化していると、我が捏造結社員のねぎくんも来ておりました。
フリーイラストなどダウンロード素材を扱っているflopdesignのkannaさんともお話。
名刺裏に書かれたmixiのiの字がyになってる事を指摘すると、なんか変だと思ってたー!と悔やんで居られました。
そこは突っ込んじゃいけない所かとも思ったのですが、それとなく伝えられて良かったと思って居ります。安心して眠れます。

私がtwitterでアデランス食堂とかナメたこと書いてたらMr.QさんがRTしてくれたのを見て、フリーランス食堂を知ったという赤アイコンこと香西さんともお会いできましたよ。
名刺も赤!名刺の裏にエプソンと書かれていたのでハズレ名刺だそうです。

元infinitysu13さんはビールの空き瓶や空いたお皿をせっせと片付けて居られます。

私が再び白い息を吸っては吐き、紫の煙を燻らせながら地球に申し訳が立たないことをしに行きますと、
おきゃんな感じをほのかに漂わせる苗字の喜屋武(きゃん)さんという株式会社フェデルメンテ取締役の方と、ヴィンセントを腰にぶら下げた奇術師さんが冷蔵庫の話をしてました。草食系男子の気持ちがわからん!的な肉食系な話をしておられましたよ。
そしてそして、サクサクのジゴローに関して私は勘違いをしていた事を教えてもらい、そうだったのかという発見!そしてこの時、私の名刺が切れた事に気付いた悲しみ!!


また、あることが気になって自分の身体に問い合わせたところ、「トイレに行きたい」という申し出が下腹部の方から殺到しました。
トイレに赴きますと、どうやら大人気のご様子。
麦茶の入った大きなやかんを羨望の眼差しで眺めながら、おトイレの順番を待ちます。

そして、私の順番がやって参りました。
トイレに入ってビビリました!なんというトイレ!
私の以前住んでいた部屋よりデカいのに便器一個!!
トイレから出て来た人が口々に「ここで暮らせる」と言っていた訳がここで分かりました。
私の部屋はトイレより小さかったという思いに打ちひしがれながら、トイレを後にしました。

気を取り直す為に再度白い息を吸っては吐きに行ったところ、麻雀の申し子mamelaboさんや関西弁の方たちが話して居られました。
mamelaboさんはジャパニーズオンリー!ジャパニーズオンリー!と連呼しながら、windows7とメモリが欲しいという話をしてらっしゃいました。
誰か、買ってあげて!

私が会場へと戻りますと、どこからか入り込んだらしいパンダちゃんが「40人前のフルーチェを作る!」って言ってます。
傭兵部隊の中には「フリーなランスの食堂だけに、あのパンダを竹槍で捕らえて丸焼きにして喰っちまおうぜ!」みたいな話が持ち上がっております。
しかしながら「あんなに愛らしいパンダちゃんを食べてしまうなんて可哀相」という穏健派の意見に落ち着き、会場が血に染まらずに済みました。
すかさず穏健派代表のふぁりな嬢がエプロンを持ち出し、パンダちゃんフルーチェを作るのを手伝いに向かいます。
4回かき混ぜたそうです。本物のイチゴを混ぜた特製フルーチェで御座います。
40人前、鍋いっぱいのフルーチェはまさに圧巻!!フルフル震えちゃってます!

新聞紙で作ったフルーチェ模型

新聞紙で作ったフルーチェ模型

↑目から血を流しながら見てね☆


web業界では有名なイベントcss niteのスタッフでありつつ、今回のフリーランス食堂スタッフとしても参加なさって居たgakuさんともお話出来ました。
webの話、いなかっぺじゃない方のにゃんこ先生の話(にゃんこ先生は白黒にゃんこ先生のつがいで浅草のどこかに奉納されているそうです)、ustの無線カメラを使ってうへへへへ。なんてことはしてはいけませんよね。っていう話を致しました。(css niteのniteは何でniteなのかという話は聞けませんでしたm(_ _)m)

フルーチェにハチミツを混ぜると東京ダイナマイト的に味の次元がアップする、という大発見を元infinitysu13さんが致しましたので、私もそれに便乗しフルフル戴きました。
なにこれ!美味し!ハチミツーチェと勝手に名付けようと思います。

そんなこんなで私が会場の後ろ側に陣取っておりますと、会場の前方、スクリーン前ではwebディレクター兼手品師兼マジシャン兼奇術師兼マギー兼ハンドパワー兼志村けんの高瀬氏による手品ショーが始まりました!
人だかりで全然見えませんが、人々の驚きと感嘆の声!大盛り上がり!
にわかに輪っかが見えました!きっと輪っか関連のとてつもないことが起こったのでしょう!

後から前方に陣取っていたねぎくんから聞いたところによると、手の平のなかでトランプがあわわわしちゃってすごかったそうです!(あわわわわ部分がどうしても思い出せませんm(_ _)m)
そして、舞台やテレビなどの大道具を作って活躍しているねぎくんに初めて名刺を貰いました。
ART PAINTERって書いてある!!ART PAINTERだったのですか!!知らなかった!!


マジックショーが終わってもスクリーン前の人だかりは依然残ったままでした。
何かと思い注意を払って見てみると、人だかりの中からピョコッピョコッとパンダちゃんの顔が出たり入ったりしてるではありませんか!
しびれを切らした傭兵部隊があのパンダちゃんの首を、、、と戦慄が走りましたが、パンダちゃんがコサックダンスをしておりました。
別の意味で戦慄が走りました。あのパンダちゃんロシア帰りなのか!!
そしてあの脚力、もの凄い。ただモノではないパンダちゃんです。

しかしながらパンダちゃんが現れて以来、主催のRockaku森田さんの姿を見かけません。
一体どこに消えたというのでしょうか。

それはそれとして、コサックダンスを踊り終えるとパンダちゃんはテレフォンショッキングを始めました。
パンダのタモリだから、パンダモリだなぁ。
パンダモリ、、、パンタモリ、パンダモリだ、パンダモリダ、パンダモリタ、、、モリタ!!森田だって!!
一義!!モリタ一義アワー!!!
あのパンダちゃん、Rockaku森田さんじゃないかッ!!
あの目の周りの黒いのはタモグラスの伏線だったのかッ!!
そういう訳でのテレフォンショッキングだったのか!!!
深い!深すぎるぜパンダちゃん!!

今回スタッフとして参加した方々、ねぎくんやふぁりな嬢、織物作家さんなどなどバラエティに富んだゲストが指名&紹介され、様々なフリーランスの輪が広がります。
そして行われたマック関連雑誌編集者さんからのiphone本争奪ジャンケン大会!
私はグー以外出せない猫型ロボットなので、無論負けました!!
mamelaboさんとメーテルさんが現れ、メーテルさん本もジャンケン大会!無論、負けました!!
mamelaboさん、司会はじめる。そして、追い出される。

そして、Rockaku森田さんの先輩mittyansさん登場。
才能云々じゃなくて書き続ける人かどうかっていうお話と共に、書き続ける人だと思ってるRockaku森田さんが料理を作り続ける人だったとは的な話で盛り上がります。

フリーランス食堂ロゴのキャラクターを描いたイラストレーター池田さんも再登場し、お仕事で関わった花の慶次の吉祥寺かぶき祭をかぶけ!かぶきやがれ!!と猛烈アピール!

私も呼ばれて飛び出て、ウレシハズカシ、結局何者か分からないという新ジャンルを開拓致しました。
みんな仕事を絡めて紹介しているのに、私は仕事の紹介じゃないじゃないか!!と、よく考えたらあんまり働いておりませんでしたm(_ _)m

アデランス食堂だと思って参加したかどうかは分からない香西さんも前へ出てインタビュー。
ここで一つの伝説が生まれます。
昨年末執り行われた24時間耐久忘年会で炸裂したことでも名の知られるふぁりなクラッシャーと香西さんとの攻防戦によって導き出された「コスメ系サイトのデザインが得意」発言にgakuさんが反応。
それ系得意な人探してる話になり、マッチング!!
奇跡の瞬間!これはきっと、フリーランス食堂レジェンドの1ページに刻まれるお話となることでしょう。


大団円

様々なフリーランスやフリーランスになりたい方々がパンダちゃんに指名されトークを繰り広げる森田パンダちゃんアワーも大詰めを迎え、夜11時という閉堂のお時間も差し迫って参りました。

イベントの最後には、各々が思った数だけ手を叩いて締める『フリーランス締め』という儀式を行い、フリーダムなかしわ手音と共にフリーランス食堂vol.01は幕を閉じました。

そして、おなかいっぱい胸いっぱいのフリーランサーたちは、己のヤリを担ぎ直してフリーランスの戦場へと帰っていくのでありました。


お詫びとか、個人的感想

半分公認(黙認)レポーターにも関わらず、全く全体を網羅してないことにハッとして、グッとして、申し訳なく思いましたが他にも獣医の方など様々なフリーランスの方がいらしたそうですよ!そして、twitter IDとか不明の方々、いらっしゃっていたけれども掲載しきれなかった皆様方、本当に申し訳ございませぬm(_ _)m

あんなに沢山の人、様々な業種の方々居たのにも関わらず、全体的に和やかでほんわかした、とても温かい空間だったと思いました。寒い帰り道も、何だかほくほく気分で帰れました。
美味料理の満腹感は勿論のこと、時間と空間と雰囲気がとてもとても良かったです!フリーランス食堂ヤヴァイです。
怒られなかったらまたお会いしましょう!そして、全ての皆様、有り難う御座いました!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>